ゾビラックスの効果

ゾビラックスという薬は、初めてヘルペスに効果がある薬として使われたアシクロビルという成分を用いています。

アシクロビルは、ヘルペスウィルスだけではなく、水痘、帯状疱疹ウィルスにも効果がある抗ウィルス剤の一つです。
これらのウィルスに関連する症状を緩和する作用がある為、関連した治療薬としても使われています。

また、小児でも服用可能なぐらい安全な製品でもあります。
そして副作用も出にくい薬とも言われていることから、現在も処方されることも少なくありません。

但し、効果が続く時間が短い点があることから、服用回数が成人であれば5回とかなり多いところが欠点でもあります。
服用回数が多いと、どうしても発生してしまうのが飲み忘れ。
服用回数が多ければ、副作用の点も懸念として挙げられてしまいますが、この薬の場合はその点は特に問題はないのですが、一番処方された側が気にしなければならないのは飲み忘れといえるでしょう。

ウィルスを叩くためには、成分の血中濃度のコントロールが必要になります。
特にこのウィルスは、感染力が強いことからも増殖しやすい物体です。その為、絶えず血中にウィルスと戦うための成分を蓄えておかなければ、ウィルスの攻勢が強くなってしまい、治癒にも遅延が発生してしまいます。

どんな薬でも、血中にどれだけ効果がある成分が流れ続けることができるかという点が肝になります。
血管は唯一体中をめぐる幹線道路です。その道路に流れる血液は体の隅々に栄養を運ぶことができる車です。そして不要になった老廃物を持ち帰る、他のところに移動させるための車でもあります。
その車に成分が一定量あることが感染経路を絶つための対策なのですが、そうする為には、服用回数と容量を守る必要があります。
一回服用し忘れてしまったから次の服用量を増やした場合、薬によっては容量オーバーとなって体外に出されてしまう場合もあります。

ゾビラックスという商品は多少難があるかもしれませんが、最初に使用された薬がいまだに使われているという実績からも分かるように、効果や副作用などの安全性面でいえば高い薬であり、服用する側も安心して使えるくすると言えるのではないでしょうか。